VMAJ 一般社団法人日本ベンダーマネジメント協会

ライブラリ Library

会員研究報告

SLAM for Oracle (Software License Agreement Management for Oracle)

SLAM for Oracle は、国際IT資産管理者協会が開発した Oracle ライセンス契約管理を学習するコースです。

ベンダーマネージャは、Oracle社の契約体系、ライセンスモデルなどを理解し、契約条件やライセンスを交渉し、自社にとって望ましい状態をコントロールできなければなりません。そのためには自社が契約した契約条件を正確に理解し、Oracle社が提示する条件の解釈を理解し、その違いや、自社にとってのOracle製品の価値と対価の妥当性をもってOracle社と自社の利益バランスを最適化することが必須となります。

・Oracle社の契約は1組織あたり多い場合は数10から数百にのぼり複雑化します
・Oracle社の契約条件はユーザーの契約毎に異なります
・契約書だけではなく、OrderingDocumentの条件で制限されます
・Oracle社主導で契約統合すると未使用ライセンスの保守支払いが増加します
・Unlimited契約(ULA)にはユーザー毎の制限が定義されています
・自ら把握していないと不要な請求書に対して支払いが増えます
・自ら交渉できないと不公平と思える条件を受け入れざるを得ない状態になります
・戦略をもたないと不要なライセンスをターミネートできなくなります

Oracle DBライセンスたな卸しサービス

Oracle DBライセンスたな卸しサービスは、ウチダスペクトラム社が提供する Oracle ライセンス契約のベースライン構築サービスです。

ライセンス契約交渉を Oracle社とする場合、ユーザーは、自らのライセンス契約、発注履歴、有効ライセンスを把握し、運用環境において使用されている製品を識別し、そのバージョン、エディション、ライセンスメトリック、消費ライセンスなどの正確な情報を基に契約の交渉に臨まなければ、契約交渉をユーザー自らにとって有利に進めることは不可能です。

また、Oracle社のライセンス監査への対策としても、ユーザー自らが前述の情報をコントロールし、積極的に監査への対応を実施しなければ、監査の結果はおのずとユーザーにとっては望ましくない方向へと行くことになります。

「現在のライセンス契約を改善したい」
「現在のライセンス利用を最適化したい」
「自社のコントロールを持ち、Oracle社と対等な立場で Win-Win のパートナーの関係性を構築したい」

などの課題を持っているユーザーにお勧めします。

SLAM(Software License Agreement Management)

SLAM(ソフトウェアライセンス契約管理)は、国際IT資産管理者協会が開発したデジタルビ
ジネス時代の商用ソフトウェアライセンスやクラウドサービスを管理するために、契約管理
を学習するコースです。
デジタルビジネス時代の環境を考慮し、サービスバリューチェーンを構成するベン
ダーを対象にベンダーマネジメントを実施する組織にとって、体制、プロセス、パートナーを
設計する際に必要となる、正しい知識を学習できる構成となっています。
SLAM のコンテンツは、組織の部門横断的に存在するステークホルダーとの共通のビジョンを
設定したり、取り組みの重要性の共通認識を構築できるような設計になっています。
また、アセスメント、現行の調達業務プロセスのたな卸し、業務プロセス改善のための
“ToBe” モデルの設定、体制構築に必要となるVMO、ベンダーマネージャの役割と責任の定義、
などを網羅しています。社内で設計する際のテンプレートとして、あるいは、アウトソースす
る際の評価基準として、また、アウトソースする際のRFP のベースとしても幅広く利用がで
きるようなコンテンツとなっています。

page top